サッカーばいきんぐ!?世界のGRADIATORたちを喰らう!?

日本代表&海外サッカー中心のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブラジル代表、まさにチャンピオンだった!

サッカー・コンフェデレーションズカップ2009・決勝戦・ブラジル代表VSアメリカ代表は、3?2でブラジル代表が逆転勝ちし、見事、優勝を果たした。



おめでとう、ブラジル代表!



それにしても、戦前の予想を大きく上回るほどの壮絶な勝負だったと言えよう。


なぜなら、なんとアメリカ代表がブラジル代表から2点を先取してしまったのだから・・・。


それもたった2回のチャンスで2回のゴール・・・ってあんたね?。

Landon+Timothy+Donovan_450.jpg

決定力高すぎだぞ、ドノバンとデンプシー!



正直に言おう。


この試合が始まる前の僕は実はスネていた。


理由は言うまでもない。


ブラジル代表VSスペイン代表のドリームマッチを、このコンフェデレーションスカップ2009ファイナルという大舞台で見れることを切望していたからだ。


それが、準決勝でアメリカ代表がスペイン代表を破ってしまうなどというありえないことがおきてしまたもんだから・・・。

spain tores xabi

あってはならんことだ、決して!



ところが、いざ決勝戦が始まってみると、どうだ。


なんと、スペイン代表に続いてブラジル代表までがやられているじゃないか・・・。


それも2点とも到底ありえないようなスーパーゴールだ。


まさにワールドクラスのプレーと言っていい。


もう気が気じゃなかったよ、90分ずっと・・・。


これはもう本物だ。

tim-howard2_450.jpg

アメリカ代表がスペイン代表を撃破したのは決してフロックじゃない!


そう、アメリカ代表の攻撃は非常に怖かった。


クリント・デンプシーとランドン・ドノバンのたった2人のFWのカウンター攻撃なんだが、その時のブラジル代表のDFもルッシオとルイゾンの2人だけ。


つまり2対2だ。


それもプレーが効率的で、正確なこと・・・。


2人もFWを前線に残すということは、その分ディフェンスにリスクを負うということだろう。


その失点を恐れない、まさにティム・ハワードという肉を斬らせて、ジュリオ・セザールという骨を断とうする、アメリカ代表のカウンター作戦・・・。

Clint+DEMPSEY2_450.jpg

威力絶大だったぞ、アメリカ代表!



そのアメリカ代表のリスクをかえりみないカウンター作戦によって、前半はパニックの絶頂だったブラジル代表。


アメリカ代表GKティム・ハワードの神懸かり的セーブも、それに拍車をかけていたようだった。


これまで見たことがあろうか、こんなに慌てふためくブラジル代表を・・・。


まさかブラジル代表まで、スペイン代表の二の舞をこのままふんでしまうのか・・・。


アメリカ代表が世界のサッカー界にリーマン・ショック以上の激震を起こしてしまうのか・・・。


そう思って迎えた後半、始まってすぐだ。


ルイス・ファビアーノが反撃の狼煙をあげるゴール!


それにしても前半まるでいいところのなかったルイス・ファビアーノがこんな大事な場面で決めてくるとは・・・。

Luis Fabiano 1

ペナルティエリア内では動きが激変する、恐るべしストライカーだ、ルイス・ファビアーノ。



そして面白いのが、この後だった。


なんと、あれだけパニクっていたブラジル代表が見事なまでに冷静さを取り戻しているじゃないか・・・。


逆に、まだ1点リードしているはずのアメリカ代表が、さきほどのブラジル代表の生き写しかのようにパニックに陥っている・・・。


そこを百戦錬磨のブラジル代表が逃すはずがない。


またまたルイス・ファビアーノが今度はヘディングで押し込み、同点ゴール。


「ブラジル代表危うし!」の空気を打ち消してしまうほどのすさまじいスピリット!


これによりアメリカ代表は意気消沈してしまったようだ。

lucio brazil2

その流れのまま、試合終了間際のエラーノのコーナーキックから、キャプテンのルッシオがヘディングで値千金の逆転ゴール!



こんな信じられない光景があろうか・・・。


前半で2?0でアメリカ代表がリードして終えたときは、それはもう気が気じゃなかったよ・・・。


正直、ブラジル代表の敗退を覚悟していたのだ、僕は。


それがどうだ。


ある意味で決勝戦にふさわしくないほどの壮絶な叩き合い・・・。


そして言葉にもできなようなすさまじい大逆転劇・・・。

brazil+final+lucio_450.jpg

まさにチャンピオンだったよ、ブラジル代表!



大会MVPにはカカが選ばれたようだ。


だが、カカとしては本調子ではなかったに違いない。


それは5試合で2得点しか獲っていないカカが自身で自覚しているはずだろう。


やはり事実上のMVPとしてはキャプテンのルッシオがふさわしいんじゃないだろうか。


ルッシオ個人のプレーの素晴らしさだけではなく、この個性あふれるブラジル代表というチームをキャプテンとして引っ張ってきたということを評して・・・。

789214686-row-brazil-s-kleber-julio-cesar-lucio-juan-gilberto-silva.jpg

そう言えるほどチームとしてまとまっていたと言えよう、ブラジル代表は!



コンフェデレーションズカップ2009はブラジル代表の全勝優勝で幕を閉じた。


だが、この大会は2010年南アフリカ・ワールドカップを見すえての叩き台という意味合いもある。


本番まではあと1年。


ワールドカップ本大会もブラジル代表が優勝してしまうのか。


あるいは無敵艦隊・スペイン代表がそれに待ったをかけるのか。


あるいは2006年ワールドカップ・チャンピオン・イタリア代表が奇跡の復活を見せるのか。


はたまた、我が日本代表が世界の反発をくらいながら快進撃を見せるのか!


この1年間はあえて腹をすかせておくこととしよう。

nagasaki rina 2 300

そう、その分喰ってやるからな、はるか南アフリカの地で!


サーバー・レンタルサーバー







スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

土壇場でダニエウ・アウヴェス!

サッカー・コンフェデレーションズカップ2009・準決勝ブラジル代表VS南アフリカ代表は、1?0でブラジル代表が勝利!



それにしても意外な展開だった。

ここまでのバファナバファナ、南アフリカ代表といえば、ニュージーランド代表に勝利しただけで、イラク代表に引き分け、スペイン代表には負け、といいところがなかったからだ。

そんな状態でこのブラジル代表戦を迎えてみたら、なんと互角の戦いをしているじゃないか・・・。

いや、玉際の1対1なんか見てると、身体能力を活かして、互角以上の闘いを演じている場面もしばしば見受けられたぞ・・・。

もはや「ホームの利」だけでは片付けてはいけない、この南アフリカ代表。

south+africa+soccer_300.jpg

想像してなかったよ、ここまで南アフリカ代表が闘えるとは・・・。


そんなかんなで両者互角の0?0で迎えた後半。

ついにドゥンガ監督が動いたようだ。

しかも、よく見るとあそこにたっているのは、ダ、ダ、ダニエウ・アウベス(Daniel Alves )じゃないか!

ということは、ここで同じ右サイドバックであるマイコンとの交代か?

そう思った矢先だ。

なんと、交代するのは左サイドバックのアンドレ・サントスじゃないか・・・!

で、そこにスッポリ、ダニエル・アウヴェスがおさまっている・・・。

ここできたか!

Daniel Alves da Silva 1

右サイドバックにマイコン、そして左サイドバックにダニエウ・アウベスというイタリア&スペインのチャンピオン・コラボ!


まさかドゥンガ監督、このブログを読んでくれてるんじゃないだろうな。

まさしく僕の希望どおりのことをしてくれたぜ、ドゥンガ監督!

アンドレ・サントスも決してダメというわけじゃない。

たしかに歴代の左サイドバックに比べれば格段に物足りないの確かだが・・・。

どうもこのアンドレ・サントス。

「キッカー」として能力を評価されて代表入りしているんじゃないかと思う。

たしかに、いいインステップの左足をもっているようだ。

だが、いかんせんそこまでの過程に絡むのがイマイチのようで、それを活かすチャンスが少ない・・・。

まあフリーキックのときぐらいだろうか、そうなると・・・。


しかし、フリーキックなら、この入ってきたダニエウ・アウヴェスのほうが上だろう!



そして交代してすぐの出来事だった。

相手ペナルティエリア手前でラミレスがファールを受け、フリーキックのチャンスをゲット!

もちろんキッカーはダニエウ・アウヴェスだ!

そして、小刻みのステップから無回転シュートがゴール右側に見事に突きささる値千金の決勝ゴール!

Daniel+Alves+brazil_450.jpg

苦しかったセレソンを救う、まさしくヒーローだったぞ、ダニエウ・アウヴェス!


ゴール後は小柄な体で喜びを表現しまくったためにイエローカードをもらってしまったダニエル・アウベス・・・。

どことなく動物的愛くるしさがあるところはロビーニョに似ている・・・。

マイコンのようなガッチリしたタイプではないが、勢いや無鉄砲さなら、断然ダニエウ・アウヴェスだろう。

それを証明した、見事なゴールだったぞ、ダニエウ・アウベス。


これでドゥンガ監督は決勝戦でどちらの右サイドバックを起用してくるのだろうか・・・。

インテルのマイコンか、あるいはバルセロナのダニエウ・アウベスか。

あるいはこの後半逆転劇のような、両刀使いでいくのか。

dunga_brasil.jpg

ワールドカップ本大会までさぞかし迷うことだろう、ドゥンガ監督・・・。


決勝戦のアメリカ代表戦。

どちらが出ても、スペイン代表の二の舞にならないことを、くれぐれも願いたい。

決勝戦でも頼むぞ、ダニエウ・アウヴェス!


サーバー・レンタルサーバー







テーマ:海外サッカーTV観戦日記+α - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スペイン代表が、負けた・・・だと・・・

サッカー・コンフェデレーションズカップ2009・準決勝・スペイン代表VSアメリカ代表は、ありえないような、大波乱となってしまった・・・。




いまだに信じられない・・・。

なぜなら、アメリカ代表が2?0でスペイン代表を完封してしまったのだから・・・。

Clint+DEMPSEY2_450.jpg

いったいこの世の中の何を信じればいいというのか・・・。



決勝戦に進んだのがアメリカ代表だと?


アメリカはサッカー後進国だぞ?


幼いころは僕ら同様にサッカーを遊びでやるらしいが、ショースポーツとしては国民の総意のもとでサッカーを毛嫌いしている、あのアメリカだぞ・・・?


そしてかたやEURO2008で優勝し、その後も無敗を誇ってきた、名実ともにFIFAランク1位のスペイン代表・・・。


そのスペイン代表が真剣勝負の場で、アメリカ代表などに負けてしまっただと・・・?

tim-howard2_450.jpg

歴史的大事件だ、これは・・・。


あってはいけない、こんなこと・・・。


これはもう、アメリカ代表が実は強かったとか、スペイン代表が実は弱かったとか、そんな2カ国間だけの問題で片付けてはいけない問題だろう。


いや、これでアメリカという国がサッカーに好感を抱くようなことになれば、それでもいいのだ。


しかし、おそらくそんなことにはなるまい。


逆に、サッカー嫌いであるアメリカ人はこぞってこう思っていることだろう。

paris-hilton-broke_convert_20090606025943.jpg

「サッカーなんてたいしたことないじゃん!」

・・・と。


そりゃそうだ。


たいして人気のない、そして国としても力を入れてない、アメリカにとっては発展してほしくない「サッカー」というスポーツにおいて、かたや世界中が全精力を注いでいるのを尻目に、その最強国であるスペイン代表を完膚なきまでに叩きのめしてしまったのだから・・・。


たしかにアメリカ代表のほとんどは、海外でプレーしている選手ばかり。

エバートンのGKのティム・ハワード(Tim HOWARD)、フラムのクリント・デンプシー(Clint DEMPSEY)など、確かにプレーの質は高い。

そういう意味で、1人1人の個人の能力が高いのは認めよう。


だが、それでもアメリカ人国民はシンプルにこう思うはずだ。

paris-hilton_39.jpg

「世界NO.1のスペインは、アメリカよりサッカー弱いんでしょ?(笑)」


・・・と。


そもそも、こういう国際大会というのは、選手個人の能力だけで決まるものではない。

むしろサッカー以外の部分が半分以上占めることも大いにありうる。

サッカー協会からの、大会に参加するための資金などのサポートは、アメリカなんて他国と比較にならないくらい乏しいんじゃないかと推測してしまう・・・。

かたやスペインなどは強力なバックアップがあったはずだ。

spain tores xabi

そういう状態でスペイン代表が負けてしまったということが、大問題でなくてなんだと言えよう・・・。


結局、このスペイン代表というチームは、「圧倒的能力」はあるが、「勝負に弱い」んだろう。

これは、古くからのスペイン代表のイメージそのものだ。

EURO2008で優勝したことで「スペイン代表は変わった」と思っていたが、やはりガチンコ勝負に弱いところを見ると、何も変わってないじゃないか・・・。

EURO2008優勝はフロックだったと言われても言い返せないぞ、これじゃあ・・・。


15連勝記録、35戦連続無敗記録の更新もここでストップ。

やはり、「競技」と「勝負」は違うということを自身で証明してしまった形だ・・・。

そういうチームにFIFAランク1位を与えてはいけない。

だから今回のようなショッキングなことが起こるのだ。

だから、この敗戦でFIFAがすべき対処はただ1つ。

spain デルボスケ監督

スペイン代表のFIFAランクを2位以下に下げること!


これに尽きるだろう。

そうすることで救われるのだ、サッカーというスポーツが。

つまり、サッカーをバカにしているアメリカという国に対して、こう言えるのだ。

spain  sexy super model 449x295

「あなた方が倒したスペイン代表は実は弱かったのよ。FIFAランク付け間違えちゃった・・・。ゴメンなさいネ。」


・・・と。


まあグダグダ言っても仕方がない。

起こってしまったことは起こってしまったんだから・・・。


この後は、今日の朝3:20から、もうひとつの準決勝・ブラジル代表VS南アフリカ代表戦がある。

常識的にはブラジル代表の圧勝だろう。

なぜなら、対戦結果から、こういう図式が成り立つからだ。

brazil-home-team-jersey.jpg

ブラジル代表>アメリカ代表>スペイン代表>南アフリカ代表・・・


だが、こんなことがあったばかりだ・・・。

まさかないだろうな、南アフリカ代表が勝っちゃうとか・・・。

やめてくれよ、カカが前半で退場とか・・・。

south+africa+soccer_300.jpg

頼むから、決勝戦がアメリカ代表VS南アフリカ代表なんてことだけにはならないでくれ・・・!


そうならないことをただただ祈るだけだ・・・。

頼むぞ、カナリア軍団!


サーバー・レンタルサーバー








テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブラジル代表は絶好調のようだが・・・

サッカー・コンフェデレーションズカップ・ブラジル代表VSイタリア代表は、3?0でブラジル代表が大勝!

見事、ドイツ・ワールドカップ・チャンピオンを撃破して見せた

それにしても、3?0などという、ありえないほどの大差でイタリア代表に勝ってしまうとは・・・。



ここまで強いとは思わなかったぞ、ブラジル代表!


というのも、攻撃陣がやや小粒かと思っていたからだ。

もちろん、歴代のブラジル代表と比較してのことではあるが・・・。


この日のイタリア代表戦のスタメンがこう。

brazil italy 450


正直な感想を言おう。


そんなにスゴいか、このブラジル代表・・・?


勘違いしないでいただきたい。

僕はブラジル代表が大好きな人間だ。

それはもうはるか昔のペレのころからVTRなどで試合を見てはいろんな思いをはせたものだ・・・。


リベリーノ、ジーコ、ソクラテス、ファルカン、セレーゾ、カレッカ、タファレル、ロマーリオ、ジョルジーニョ、レオナルド、ドゥンガ、カフー、ロベルト・カルロス、ロナウド、リバウド、ロナウジーニョ、ルッシオ・・・。


パッと思いつくレベルで有名な選手だけ書いてみたが、いやはやとんでもないレベルの選手ばかりじゃないか・・・。


それと比較して、今回のメンバーどうだ?

「まだまだこれから」という選手か、あるいはクラブでは実績があっても「代表の実績はこれから」という選手が多い気がする・・・。

なにより、このFW陣とMF陣だ。

brazil-v-egypt+kaka_450.jpg

カカ以外はまるで冴えないと思えてしまうのは僕の気のせいか・・・?


もちろん、ネーミング以上に実力を兼ね備えていることは、ここ3戦で証明済みだ。

MFのフェリペ・メロやラミレスなんて、よく知らなかったけど存在感はスゴい。

名前だけならどこにでもいるメキシコの選手じゃないか、ラミレスなんて・・・。

だからMF陣はいずれ「粒揃いだったんだな・・・」と実感する気がしないでもない。


だが、一番ブラジルらしくないと思うのが、左サイドバックとFWだ。

特に左サイドバックのアンドレ・サントス・・・。

ちっともスゴいと思わないのだが・・・。

クレーベルは2002年日韓ワールド・カップで出てた選手だから、個人的にはクレーベルのほうがとも思えなくない・・・。

いずれにしろ、ロベルト・カルロス、ブランコ、レオナルド、ジュニオールといったような「個性」が感じられないのが、個人的には不満だ!

ANDRE SANTOS1

存在感がないんだよな・・・。


FWの2人はどうだ。

ルイス・ファビアーノはドゥンガ監督から絶大の信頼を置かれているというが・・・。

確かに3試合で3点とっているのは評価できよう。

しかも、うち2点はイタリア代表戦だ。

ストライカーとしての能力は申し分ない。

ただ、それ以外の面がイマイチなんだよな・・・。

そう、ドリブルとかパスセンスとか・・・。

Luis Fabiano 1

どちらかといえば、ヨーロッパ的な選手みたいな気がする、ルイス・ファビアーノは・・・。


そういう意味では、数字だけで評価するFWと考えたほうがいいのかもしれない。

構成力はなくとも、結果は出す・・・そういう選手なんだろう。

いや?、珍しい。


で、ロビーニョだ。

レアル・マドリードに所属しているというネーミング力と、愛くるしい笑顔や憎めない性格でなんとかレギュラーを確保しているロビーニョ・・・。

正直に言おう。

robinho_470x336,0

名前だけじゃん・・・!


ここまでのところは1得点かな。

それも、まるで「ウイニングイレブンかよっ!」と思わんばかりのラミレスの大きなドリブルから、マラドーナを彷彿させるほどのスルーパスを受け、ロビーニョがほぼごっつぁんゴール・・・と。

まあ、ロビーニョはこんなもんだろうな・・・。


こうしてみると、やっぱり小粒なんだよな・・・。

全然ダメだった2006年メンバーのほうが、かなりの粒揃いだと思うんだが・・・。


それでも、今のチームはここまで3連勝している・・・と。

DEAD+OR+ALIVE+15_450.jpg

イマイチよく分からん強さだな、ブラジル代表・・・。


まあ、このドゥンガ率いるブラジル代表が、果たして強いのか、それとも弱いのかは、もう少し見てみないと分からない気がする・・・。


いずれにしろ、次はホームの南アフリカ代表との準決勝だ。

brazil supporter

このブラジル代表の強さの正体が何なのか・・・。


見届けさせてもらうぞ、ブラジル代表!


サーバー・レンタルサーバー







テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんとビックリ、アメリカ代表かよ!

サッカー・コンフェデレーションズカップ・ブラジル代表VSイタリア代表の世紀の一戦が終わった・・・。

結果は、ブラジル代表が、な、なんと、3?0で、イタリア代表を撃破!

戦前の予想を大きく裏切る、ブラジル代表の一方的大勝で幕を閉じた・・・。



誰がこのような結末を想像したろうか・・・!


たしかにイタリア代表は、アメリカ代表、エジプト代表の2戦とも調子がいいようには思えなかったのは事実。

それでも、いくらブラジル代表が相手とはいえ、3?0などというスコアで完封負けするようなチームか・・・?

おかげでイタリア代表のリッピ監督は、猛烈な批判を浴びているようだが・・・。


ちなみに、この試合のイタリア代表のスタメンはこうだ。

italy vs brazil 2009. 1jpg


周囲からは、「若手を使わないせいだ!」との批判が多いようだが、たしかにベテランが大半を占めている・・・。


個人的には、ジュゼッペ・ロッシをもっと全面的に使ってあげてもよかった気もするが・・・。

というのも、今回のFWの中では最も勢いを感じさせるプレーが多かったし、なによりシュートを撃つわ撃つわ・・・。

遠めからでもああやってシュートを撃つと、自然と流れが味方することも多くなるだろう。

Giuseppe+ROSS+I2_convert_20090617231616.jpg

調子が悪いイタリア代表だっただけに、調子の良さを感じさせたジュゼッペ・ロッシをもっと前半から積極的に起用すれば、ブラジル代表から1点くらい獲れたんじゃないか・・・!


そう思えて仕方がない。


というのも、1点でも獲っていれば、イタリア代表は決勝トーナメント進出が確定したからだ。

そうすれば、スペイン代表VSイタリア代表という、これまた世紀の一戦を見ることができたのに・・・。


それもこれも、もう一方の試合が大番狂わせとなったことが全てを狂わせたと言っていい。

そう、絶不調だったアメリカ代表が絶好調のエジプト代表に勝ってしまったのだ・・・。

それも3?0というありえない大差で・・・。



なんでこんなことが起きてしまったのか・・・!


アメリカ代表には申し訳ないが、やる気を出さないでいてくれたほうがよかったのに・・・。

これで、スペイン代表VSアメリカ代表という、さらにスペイン代表の連勝記録が続きそうな組み合わせとなってしまった。


って、ここまでアメリカ代表をボロクソに言っておいて、スペイン代表を撃破して決勝進出とかしないだろうな・・・。

やめてくれよ、0?0でPK戦とか・・・。

USA egypt

だからアメリカ代表よ、もうそのへんにしといていいぞ!


ここまでよく頑張ったのは認めてあげるから、こんな大事なところで変なサプライズを起こすのはやめてくれ・・・。


とにもかくにも、「スペイン代表VSブラジル代表」という夢の決勝戦をぶち壊さないでいてくれることを願いたい・・・。


サーバー・レンタルサーバー







テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。