サッカーばいきんぐ!?世界のGRADIATORたちを喰らう!?

日本代表&海外サッカー中心のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スペイン、イングランド、ガーナ、パラグアイが南アフリカ・ワールドカップ予選突破!

南アフリカ・ワールドカップ予選もいよいよ大詰めだな。

各大陸で続々と予選突破を決めた国が出てきたようだ。

まず、この時点ですでに決定していたのが、以下の6ヶ国。




ヨーロッパ・・・オランダ

南米・・・ブラジル

アフリカ・・・南アフリカ(開催国)

アジア・・・韓国、オーストラリア、日本





多いようで、やっぱりまだまだ少なかったんだな。

そして、今回新たに予選突破を決めたのがこの国々だ。





まずなんといっても“無敵艦隊”スペイン代表!



8試合消化して8戦8勝という“全勝”での予選突破!

それも合計21得点して、失点2とは・・・。

おいおいおい、いったいどうなってるんだ、このグループ5は?

オランダ代表がやはり8戦8勝という“全勝”で予選突破を決めていたが、こちらは得点17の失点2。

いや、これでも十分スゴいが、スペイン代表はこれを上回っているじゃないか・・・!

恐ろしい強さだぜ、スペイン代表!


先日行われたベルギー代表戦では5?0の圧勝!

特に存在感を示したのがこの男だ。

David Josueacute; Jimeacute;nez Silva

ケガから復帰したばかりでいきなり2ゴールあげた、バレンシアのMF、ダビド・シルバ!



先のコンフェデレーションズカップでよもやの不覚をとったスペイン代表だったが、このときはいなかったんだよな、ダビド・シルバ。

ついでにいえば、バルセロナのイニエスタもいなかったが・・・。

そんな2人がほぼいない状態で予選を突破したスペイン代表もスゴいが、この2人がそろったらもっとスゴいことになるのは間違いないだろう、スペイン代表。


そして、次いで行われたエストニア代表戦でも3?0の圧勝!

文句のつけようがないとは、まさにこのことだ。


そして、FWフェルナンド・トーレスはこう言っている。

spain_euro_2008_uefa tores

「『今の代表チームは最強だ』などというお世辞に満足していては、僕たちはダメになってしまう。

確かに、僕らはユーロ2008(欧州選手権)で優勝し、無敗記録も作ったが、だからといって僕たちが最強だとは思わない。

今の僕たちは、これからさらに強くなる段階にいると思う。

幸い、僕たちはまだ若く、まだまだ多くのことを学べる。

ということは、将来もっと強くなれるということだ。

僕たちがまだ最高点まで到達しておらず、今以上に強くなれることを願っているよ」




まだまだ25歳と若いのにしっかりしてるよな?、フェルナンド・トーレス。

これ以上スペイン代表に強くなられたら他の国はいったいどうすればいいのか(笑)

課題はもう“メンタル面”だけだろう。

ある意味でスペインの“国民性”だとも思うから、簡単に改善できるものでもないんだろうが、EURO優勝の実績もあるんだから、全然ダメということはないだろうな、スペイン代表。

アメリカ代表と本大会で当たらないことを祈るのみだ(笑)







そして、ヨーロッパでもう1ヶ国予選突破を決めたのが、ファビオ・カペッロ監督率いるイングランド代表!



グリープ6の2位クロアチア代表との対戦だったが、このワールドカップ常連国である強豪相手に、な、な、なんと5?1で大勝!

それも、オランダ、スペイン同様、イングランド代表まで8戦8勝とは・・・。

得点31の失点5。

失点はオランダ、スペインと比べるとやや多目だが、得点の31ってあんたね?。

Steven+Gerrard+england_400.jpg

1試合平均で4点獲ってる計算じゃないかよ、イングランド代表!



全勝が今のトレンドなのか、ヨーロッパは?

過去のワールドカップ予選ってこんなに全勝突破って多かったっけ?

なんだかすごい勢いを感じるぜ、ヨーロッパ勢・・・。

そして、カペッロ監督はこう発言しているようだ。

Fabio+Capello_300.jpg

「イングランドは実にいいチームに仕上がっている。選手たちは自信をつけ、世界の強豪相手に勝てるようになった」

「代表監督としての最初の任務は、選手たちの精神面を強化することだった」

「われわれはまだ第一歩を踏み出しただけだ。今後もしっかり地に足をつけていかねばならない」

「南アフリカにはサッカーをしに行くのであって、バカンスを過ごすわけではない」




“厳格な規律”をチーム内に徹底してきたカペッロ監督だけに、予選突破を決めても厳しい姿勢を崩すことはないようだな。

さすがはリバプールのジェラードやらチェルシーのランパードやら我の強い一流選手たちをまとめてきたカペッロ監督だ。

だが、日本代表にはこんな頑固で規律たらしい監督にはきてほしくないが(笑)







そして、アフリカ大陸で開催国の南アフリカを除いて1番に突破を決めたのが、ガーナ代表!



先日、日本代表が4?3でかろうじて逆転勝利をおさめることができたのが今でも信じられないが、その身体能力の強さは圧巻だったぜ、ガーナ代表。

そして、このガーナ代表も4戦4勝で全勝突破!

おいおいおい、アフリカでもトレンドなのかよ、全勝が!

それも得点7で失点が“0”!

失点が“0”だと?

そんなチームから日本代表が4ゴールできたと?

こっちのほうが不思議だが・・・。

よく分からんチームだ、ガーナ代表・・・。

ガーナ代表といえば、まっ先に思い浮かぶのがこの2人。

Sulley+MUNTARI_400.jpg

インテルのMFスレイ・ムンタリ!





michael-essien-_400.jpg

チェルシーのMFマイケル・エッシェン!




ただし、日本代表はムンタリでもなくエッシェンでもなく、稲本と同じレンヌでプレーするFWギャンに2点獲られたからな・・・。

他の選手も同様に全員筋肉が鋼のような連中ばかりで、ネーミングなんてあんまり関係ないような気がするぜ、ガーナ代表・・・。








最後に、南米からはパラグアイ代表が予選突破を決めた!



それも、パラグアイのホームとはいえ、あのアルゼンチン代表を1?0で破るという大快挙!

16戦9勝3分4敗と、さすがに全勝ではないが。

ってゆうか、これが当たり前だろ、本来なら。

オランダ、スペイン、イングランド、ガーナが異常なんだよ。

で、パラグアイ代表の場合、16試合で得点が22の、失点が13。

これを見る限り、得点はともかく、失点が1試合で1点以下というのが脅威的だ。

1位のブラジル代表の失点が16試合で9失点だが・・・。

paraguay_2_400.jpg

今のドゥンガ・セレソンがかなり守備重視のチームだとうことを考えると、このパラグアイ代表もそれに近い守備力を備えているのではないだろうか?



でも不思議だ。

アルゼンチン代表には、2009年バロンドール受賞のバルセロナのリオネル・メッシがいるし、セリエA4連覇のインテルのサネッティや、リベルタドーレス杯優勝のエストゥディアンテスのベロンもいるんだぞ?

一方でパラグアイ代表には誰がいるというのか?

う?ん、試合を見てないからなんとも言えんが、決して強烈に見てみたい選手が豊富にいるチームとは思えん、パラグアイ代表・・・。

それでも勝っちゃうんだもんな?、パラグアイ代表。

そう考えると、このチームは“技術”じゃなくて、“メンタル”が武器なんだろう。

伝統的にそんな感じだもんな、パラグアイ・・・。

ここんとこ毎回どういうわけだかワールドカップに駒を進めてくるパラグアイだけに、侮れんことは侮れんが・・・。

全国的な視聴率がさほどとれないチームだと思うので、本大会ではあんまり活躍してほしくないな?パラグアイ(笑)

で、こんなことを言っておきながら、日本代表が対戦すると、パラグアイ代表相手にやっぱり1?0で負けてたりするから怖い(笑)

イヤなチームだぜ、パラグアイ代表・・・。



この後もまだまだ波乱はあるだろうし、各国の予選には注目していこうかな。




<サッカー関連広告>

★サッカー見るならスカパーで! → こちらにどうぞ。




サッカー海外代表


【サッカーショップ加茂】スペイン ホーム ユニフォーム
スペイン






【サッカーショップ加茂】バレンシア ホーム ユニフォーム
サッカーショップKAMOのバレンシアユニフォーム一覧を見る
(スペイン代表ダビド・シルバ)







【サッカーショップ加茂】イングランド ホーム ユニフォーム 半袖
イングランド







【サッカーショップ加茂】リバプール ホーム ユニフォーム
サッカーショップKAMOのリバプールユニフォーム一覧を見る
(スペイン代表フェルナンド・トーレス、イングランド代表スティーブン・ジェラード)






【サッカーショップ加茂】チェルシー ホーム ユニフォーム
サッカーショップKAMOのチェルシーユニフォーム一覧を見る
(ガーナ代表マイケル・エッシェン、イングランド代表フランク・ランパード)








【サッカーショップ加茂】インテル ホーム ユニフォーム
サッカーショップKAMOのインテルユニフォーム一覧を見る
(ガーナ代表スレイ・ムンタリ)





スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

2010年南アフリカ・ワールドカップ | コメント:2 | トラックバック:1 |

ブラジル代表がアルゼンチン代表を破り、ワールドカップ予選突破!

南アフリカ・ワールドカップ・南米予選・ブラジル代表VSアルゼンチン代表の試合は、アウェイにもかかわらずブラジル代表が3?1で勝利!

これにより、1位のブラジル代表が早々と南米予選突破を決めた。



おめでとう、ブラジル代表!



それにしても、このドゥンガ・セレソン。

当初は「守備的すぎる」とかメディアやサポーターの非難を受け続けてきたわけだが、終わってみればこの強さ。

先の南アフリカ・コンフェデレーションズカップ優勝も見事だったが、あれからさらに強くなってるとさえ言えるんじゃないだろうか?


この日のブラジル代表とアルゼンチン代表のメンバーがこう。


<ブラジル代表>

FW:ロビーニョ、ルイス・ファビアーノ

MF:カカ、フェリペ・メロ(左)、エラーノ(右)、ジウベウト・シウバ

DF:アンドレ・サントス(左)、ルッシオ、ルイゾン、マイコン(右)

GK:ジュリオ・セザル


※途中交代

MFエラーノ → MFダニエウ・アウベス
FWルイス・ファビアーノ → FWアドリアーノ
FWロビーニョ → MFラミレス




<アルゼンチン代表>

FW:メッシ、テベス

MF:ダトロ(左)、ベロン、マスチェラーノ、マキシ・ロドリゲス(右)

DF:エインセ(左)、ドミンゲス、オタメンディ、サネッティ(右)

GK:アンドゥハル

      
※途中交代

MFマキシ・ロドリゲス → FWアグエロ
FWテベス → FWディエゴ・ミリート




そして、この日の最大の立役者がまたもこの男だったようだ。

Luis Fabiano 1

アルゼンチンが攻撃する展開の中、実に数少ないチャンスを驚異的な決定力で2ゴール決めた、“決定的瞬間のストライカー”、ルイス・ファビアーノ!



このルイス・ファビアーノというFW。

スペインのセビージャに所属しているから、パスセンスに長けた華麗なFWをイメージしてしまいがちだが・・・。

abu-dhabi-camel-farm_400.jpg

見てる限りでは、全然“華麗”とはほど遠いぜ、ルイス・ファビアーノ・・・。



ベベットのようにパスセンスがあるわけでもない。

ロナウドやロマーリオのようにスピードのある巧みなフェニントを駆使したドリブルができるわけでもない。

アドリアーノやエデルのように、強烈にして大砲のようなシュートを撃てるわけでもない。

しかし、ひとたびペナルティエリア内に侵入するとどうだ?

rainbow shower

ペナルティエリア内ではまるで動きが激変してるじゃないかよ、ルイス・ファビアーノ!



恐ろしい!

恐ろしい決定力だぜ、ルイス・ファビアーノ!

ゴールキーパーと1対1になったらまず外さないほどの、驚異的なまでのストライカー能力。



思えば、それはコンフェデレーションズカップでもすでに証明されてたんだよな・・・。



このアルゼンチン代表というサッカー大国に対してまで通用するとなると、南アフリカで大ブレイクする可能性も十分だろう、ルイス・ファビアーノ。

ブラジル代表はカカ中心という考え方は、どうやら捨てたほうがよさそうだ。


そして、散々たたかれてきたドゥンガ監督もさぞかし気分爽快だったに違いない。

dunga_brasil.jpg

「ブラジルは試合に集中していたし、明らかな勝利だった」



「一番の驚きは、序盤にアルゼンチンがわれわれに対してプレスをかけてこなかったことだ。


ブラジルは全員がきちんとそれぞれの役割をこなした。


選手たちは素晴らしい才能を備える一方で、どんな状況においても喜びを与えてくれる。


この喜びがサポーターに伝わることで、わたしも幸せな気持ちになれる」




「われわれは空中戦より足を使ったサッカーを好むが、今回は空中戦を制してリードを奪うことができた」



「チームの戦いぶりとW杯の出場権獲得にとても満足している。


われわれはいかなる相手に対しても、どんなスタジアムにおいても、一定のプレースタイルを貫いてきた」





それに対して、あれだけボロクソに叩いてきたメディアはどうだ?

相変わらず守備的でブラジル代表らしくないドゥンガ・セレソンをここでも非難するかと思いきや、逆に手放しで賞賛しているようだぜ・・・。

その一番大きな理由は、「ワールドカップ予選突破した」ことよりも、「アルゼンチン代表にアウェイで勝利した」ことがかなり大きいようだ。

以下が各メディアの見出し。

brazil supporter

「W杯出場そのものより、“兄弟”(アルゼンチンを指す)を踏みにじり、絶望の底につき落として本大会出場を決めたことの方が称賛に値する」


「ブラジル代表は、いつも困難の末にW杯への切符を獲得してきたが、敵地ロサリオで大会への切符を手にするというのは格別だ」


「極めつけは、窮地に立たされたライバルを尻目に出場を決めたことだ」


「われわれはW杯へ……ところで“彼ら”は?」


「ヒガンテ・デ・アロジートスタジアムだけでは、ブラジルには物足りなかったようだ」




それにしてもすげーな、この見出し。

こんな書き方して国際問題にならんのか(笑)

日本と韓国、日本と中国でこんな記事を目にしたら即大問題だろうが・・・。



メディアが言うように、確かにシステムやプレースタイルは守備的だが、逆にメンタル的な戦術という視点では、かなり評価できる選手選考を行ってきたといえるのではないだろうか?

そこはドゥンガ監督自身が現役時代に“闘将”であったことが影響してるのかもしれないな。

現時点で“無敵艦隊”スペイン代表を退けてFIFAランク1位に君臨してるブラジル代表だけに、本大会でもその実力を存分に見せつけてもらいたいものだ。

789214686-row-brazil-s-kleber-julio-cesar-lucio-juan-gilberto-silva.jpg

当然、南アフリカでの優勝期待してるぞ、ドゥンガ・セレソン!








<サッカー関連広告>

★サッカー見るならスカパーで! → こちらにどうぞ。





ブラジル ホーム ユニフォーム






ブラジル スキルス ナショナルレプリカ 1号球






ブラジル ナショナルレプリカ 5号球






ブラジル カルチャー Tシャツ






DVD ペレ






DVD ブラジル代表 戦いの軌跡






アディピュア カカ 4号球






アディピュア カカ 5号球





テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

2010年南アフリカ・ワールドカップ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。