サッカーばいきんぐ!?世界のGRADIATORたちを喰らう!?

日本代表&海外サッカー中心のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スペイン代表、怒涛の15連勝!

サッカー・コンフェデレーションズカップ2009・スペイン代表VS南アフリカ代表は、スペイン代表が2?0で危なげなく勝利。

ホームの南アフリカをものともせず、まさに完勝だ。


ここまで、ニュージーランド代表、イラク代表、そして南アフリカ代表と、見事なまでの3連勝・・・。


(Spain 5 - 0 New Zealand)



(Spain 1 - 0 Iraq)



(Spain 2 - 0 South Africa)



文句なしの決勝トーナメント1位突破を決め、間違いなく優勝候補だろう。


さすがEURO2008で優勝しているだけのことはある!



ちなみに、このスペイン代表・・・。

この南アフリカ代表戦も勝利したことにより、15戦連続勝利というとんでもない世界記録を樹立してしまった。

無敗記録も35戦無敗となり、1996年のブラジル代表の記録と並んだそうだ。

Spain+euro+2008+3  450

このままスペイン代表がさらに連勝して、このコンフェデレーションズカップも優勝なんてことがあるのか、おいおい・・・。



それにしても、このスペイン代表・・・。

いったいいつからこんなに強くなったというのか・・・。

僕のイメージでは、スペイン代表は「巧いけど、弱いチーム」というのが、はるか昔から染み付いている。


いいところまではいくけど、勝てない・・・!


それがスペイン代表ではなかったか?


選手が以前から言っているが、やはり、プレミアリーグに海外移籍する選手が多くなってきたことがいい影響を与えているんだろうか。

spain_euro_2008_uefa tores

リバプールのFWフェルナンド・トーレス、リエラ、MFシャビ・アロンソ、右SBアルベロア、GKレイナ。

アーセナルのMFセスク・ファブレガス。

今回もかなりのメンバーがプレミアリーグから選ばれているようだ。

もちろん、UEFAチャンピオンズリーグ優勝がFCバルセロナであるように、リーガ・エスパニョーラのレベルが高いのは周知の事実。

そこに「海外移籍」をする選手が増えたことで、スペイン代表に欠けていた「勝負強さ」がなんらかの形で備わったということなんだろう・・・。

「技」で勝負していたスペイン代表に、「心」が備わったとなると・・・。

spain 無敵艦隊

まさに無敵艦隊じゃないかよ、スペイン代表!



でも一部ではこういう声も上がっているようだ。

スペイン代表が3連勝した相手って、ニュージーランド代表とイラク代表と南アフリカ代表でしょ?


弱い相手ばっかじゃん!


・・・なるほど、確かに痛いところをついてくる。

ニュージーランド代表の5?0はともかく、ワールドカップ出場も果たせなかったイラク代表相手に1?0とは・・・。

nakamura shunsuke 1

「日本代表のほうが強いんじゃないの?」と言われても確かに言い返せない・・・。


「スペイン代表は実は弱し!」という疑念の声が上がってきても、ある意味で的を得ているとえよう。


ならばスペイン代表が真価を問われるべきは、おそらく決勝で対戦するであろうブラジル代表戦だ。

奇しくも、引き分けはない。

PKだろうがなんだろうが、必ず勝者と敗者が生まれる・・・。

spain  sexy super model 367x500

まあそれまでは次の準決勝も勝って連勝記録を伸ばしていこうじゃないか、スペイン代表よ!


そして、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのブラジル代表との決勝戦、楽しみにしてるぞ!


サーバー・レンタルサーバー






スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コンフェデレーションズカップ2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんとビックリ、アメリカ代表かよ! | ホーム | まさに崖っぷちだ・・・イタリア代表>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。