サッカーばいきんぐ!?世界のGRADIATORたちを喰らう!?

日本代表&海外サッカー中心のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中村俊輔がエスパニョールで過剰に歓迎を受けているようだ・・・

cornella_stadium_400.jpg

今シーズン、スコットランドのセルティックから、スペインのエスパニョールに移籍した、日本代表、中村俊輔(31歳)の入団会見が行われた。

先日のクリスティアーノ・ロナウドのような形で、エスパニョールのホームスタジアムである、エスタディオ・コルネーリャで大々的に行われたのだ。

これはエスパニョール史上最大規模のものらしい。

中村俊輔1人を見るために、サポーターも約1万人が集まったそうだ。



前評判だけはかなり高いようだな、中村俊輔・・・。



なにやら、地元では「銀河系記者会見」などと見出しを飾っていたようだが・・・。

映像を見る限り、確かにサポーターは盛り上がっている。

サッカーのさかんなスペイン人のことだから、日本人なんてバカにしてるのかと思ってたよ・・・。

記事によれば、「スィ、スィ、スィ、ナカムラ・ジャ・エスタ・キ!(俊輔はもう俺たちの選手だ!)」と大コールが起こっていたようで、むしろ中村俊輔にかなりの期待をしてるようにも感じる・・・。

cornella+supporter_400.jpg

でも、ちょっと期待過剰なんじゃないか、エスパニョール・サポーターよ・・・。



思えば、横浜マリノスとの契約を土壇場で破棄し、エスパニョールに乗り換えた中村俊輔・・・。

横浜マリノスでは首脳陣がボコボコに叩かれていたようだが、やはりリーガ・エスパニョーラでやりたかったというのが本音なんだろうな・・・。

「スペインでプレーすることが小さい頃からの夢だった。」

これは、かつてからずっと中村俊輔自身が口にしていたことだ。

あながちウソでもあるまい。

だが、日本代表での活躍が冴えない中村俊輔をずっと見てきてる僕には不安でしょうがない。

nakamura shunsuke 1

日本代表の試合同様、エスパニョールでも「シュート0本」の試合を繰り返すんじゃないかと・・・。



スペイン代表もそうだが、たしかにリーガ・エスパニョーラはパスサッカーに長けている。

特に頻繁にダイレクトパスを多用し、自己主張が強く好戦的なヨーロッパあって、スペインサッカーは時に、弱腰な日本サッカーに近いものを感じる部分もある。

中村俊輔自身も、やはり「中盤重視のパスサッカーをやりたい」と発言しているようだ。

それでも、「シュート0本」ではさすがにエスパニョール・サポーターも納得しまい。

なぜなら、日本代表サポーターの中にさえ、今の中村俊輔のスタイルにはガマンの限界と感じてる人も多いと思うからだ

shunnsuke nakamura

そういう意味で、今のプレースタイルではレギュラーの座さえ危ないだろうよ・・・。



だが、かつての中村俊輔にも、もっとシュートを撃っていた時期もあった。

また、セルティックでも、ごくたまにだがハットトリックを決めたこともあったのだ。

シュートを撃てる技術はあるわけで、要は問題はメンタルなのだろう。

逃げ腰なんだよな、プレースタイルが。


だが、そんな中村俊輔にも唯一の救いがある。

そう、それは世界中の誰もが認めるフリーキックだ。



中村俊輔は、どんなチームで所属しても、フリーキックだけはワールドクラスの技術でファンを魅了してきたのだ。

横浜マリノスでも、レッジーナでも、セルティックでも、そして日本代表でも・・・。

直接フリーキック、コーナーキック、ペナルティキック・・・。

ゴールを決めるチャンスも、フリーキックならば数多くあるに違いない。

ならば俊輔よ。

中村俊輔

チームを引っ張ろうなどと傲慢なことなど思わずに、一技術者としてフリーキッカーに徹するのだ。



日本代表では、岡田監督に絶大な評価をされているがゆえに、似合わないリーダーシップを発揮してチームをおかしな方向へ導いているようだ・・・。

ファンのこともないがしろにしてるようだし、もともとそんなリーダーたる人間じゃないだろう、俊輔は。

だが、謙虚な姿勢でキッカーとしてのみプレーすることができれば、スペインでも活躍できる可能性はあると信じたい。

2010年は南アフリカ・ワールドカップの年なのだ。

その直前にして、今回のリスキーなスペインリーグへの移籍。

okada2_450.jpg

エスパニョールでレギュラーになれなければ、岡田監督も日本代表に呼ばないと言ってるようだぞ・・・。



だが、逆に言えば、エスパニョールでスタメンを獲れないようでは、当然ワールドカップで活躍なんてできるはずもない。

ましてや、そんな選手を日本代表の中心選手に据えるなんて、客観的に見ても言語道断だ。

それならば、今や日本サポーターに絶大の信頼を受けている神出鬼没のゴールゲッター、本田圭祐石川直宏らに、その座を任せたほうが断然いい。

そういう意味で、この1年が中村俊輔の正念場と言えよう。

古くは、カズ、こと三浦知良、北澤豪がワールドカップ直前で落選したことはあまりにも衝撃的だった。

奇しくも、その時の代表監督こそ、岡田監督その人だ。

ある意味、血も涙もない冷徹な人間だと言ってもいいだろう。

south+africa+soccer+ball+girl_450.jpg

エスパニョールで見事、スタメンを勝ち獲って中村俊輔の名を南アフリカでも轟かせるのか・・・。



Fuck_you avril

あるいは、本田圭祐、石川直宏といった真のファンタジスタに、「偽ファンタジスタ」として化けの皮を剥がされることになるのか・・・。


WOWOWでじっくり見させてもらおう。


サーバー・レンタルサーバー







スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

リーガ・エスパニョーラ | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<イブラヒモビッチも、入団会見で6万人! | ホーム | クリスチアーノ・ロナウドよ!9万人で浮かれてる場合じゃないぞ!>>

コメント

お前何様のつもりだよ。調子のんな!!
2009-08-31 Mon 13:53 | URL | [ 編集 ]
    ↑
このコメントはあえて残しておくことにした。
いつかこういう所在なくケンカ腰にコメントを残す者が取り締まられる時代がきたときのために。
今後もこういうコメントの残し方をするならそこまで覚悟することだ。
2009-08-31 Mon 21:10 | URL | がっとーりお [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-01 Tue 05:37 | | [ 編集 ]

非公開コメント欄にホストやらIPアドレスやらメモしておいた、忘れるとイカンからな。

ふ~、我ながら検索数の少ないブログだからすぐ分かるぜ(笑)

ん?
大阪方面か?

まあいいや、その辺の調査はプロに任せて、数年後を楽しみにすることにしよう。
2009-09-01 Tue 06:09 | URL | がっとーりお [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
2016-12-02 Fri 15:03
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。