サッカーばいきんぐ!?世界のGRADIATORたちを喰らう!?

日本代表&海外サッカー中心のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

VVVの本田圭佑がフローニンゲン戦でも決め、4戦4連続ゴール!

オランダ・エールディヴィジ・第4節・VVVフェンロ VS FCフローニンゲンの試合は、2?2のドロー。

VVVとしてはこれで4戦連続の引き分けとなってしまったが、そんな中でもやはりこの男がやってくれたようだ。



そう、この日のフローニンゲン戦でもフリーキックを直接叩き込んで1ゴールし、これで4試合4連続ゴールの快挙を達成した本田圭佑!



これで合計5得点とし、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(アヤックス・アムステルダム)、モロッコ代表FWムニル・エル・ハムダウィ(AZアルクマール)と並んで早くも得点王ランキングトップに躍り出た。

いやはや、毎週のようにここまで本田が大活躍すると、それこそサポーターにとってもゴールが当たり前となり、連続ゴール記録がとだえててしまうのが怖くなるほどだ。

honda+keisuke+vvv_300.jpg

全くもう、スゴすぎて形容する言葉が出てこないぜ、本田よ・・・。



こんなに活躍が続くようだと、本田圭佑だけをピックアップするブログを新たに立ち上げたほうがいいかもな。


そして、その後はモロくも1?2と逆転されてしまったVVVではあったが、またもや驚異的な攻撃力&底力で再び同点ゴールを叩き込んだのがこの男。

Sandro Calabro vvv

そう、右サイドからコーナーキックを打点の高いヘディングで華麗にゴールネットへ叩き込んだ、昨シーズン2部リーグ得点王、サンドロ・カラブロだ!



さすがはカラブロも本田に対して「お前がゴールを決めているのは You Tube の中だけ!」と堂々とイヤ味を言い放つだけのことはある!

この本田&カラブロの攻撃陣は、このエールディヴィジにおいても最高クラスといっても過言ではないだろう。


しかし、そんな本田とカラブロの大活躍とはうらはらに、VVVのチームそのものは4試合連続引き分けの勝点4ということで、現時点では18チーム中10位。

1位のフェイエノールトとトゥエンテが勝点10で並んでいるため、その勝点差は6だ。

まあまだ4試合なので、勝点差6そのものはひっくり返せる状況ではあるものの、そろそろ勝点3の勝利がほしいところだよな、VVV・・・。

spain 無敵艦隊

そういう意味で、現時点でリーグ3位の圧倒的攻撃力を備えるVVVにあって、最大の課題はリーグワースト2とされるディフェンス力だろう!



ここをなんとかしたいところだろう、VVVとしては・・・。

そしてここまで大活躍の本田だけに相手チームのマークも決してぬるくないようだ。

本田自身、この日徹底マークされた、ナイジェリア代表MF&DF、オルワフェミ・アジロレに対してこう評価している。

Oluwafemi AJILORE

「フィジカル的にあの15番アジロレは強かった。

あんなのはなかなか見ない!」




この発言が示すとおり、この試合の本田のパス成功数はわずか8本だけだったという。

確かに少ない。

さすがはオランダ・エールディヴィジ。

たとえ現時点16位のフローニンゲンでも、戦術的にはしっかり本田対策をしてきているということなんだろう。

そして、それをもちろん承知しているだろう、VVVのファン・ダイク監督はこの試合をこう振り返っている。

Jan_van_Dijk_VVV_.jpg


「本田が守備をしないのを突かれ、わたしは4?3?3をあきらめざるを得なかった。

彼を生かすための選手交代をしなければならなかった。

VVVにとって彼は重要な選手だから!」




まさに“本田システム”を築き上げ、本田ありきのチームで心中するつもりなのではないかと言わんばかりのファン・ダイク監督のコメント。

たしかに本田は全体的にはシステムとしての守備をしていないようだが、この日の1点目のフリーキックをもらった場面は、アジロレがキープしていたボールを本田が奪いとるという、これではどっちがマーカーなのか分からないような絶妙の守備からのカウンターチャンスだったわけで、そういう意味では本田も世間で言われてるほど全く守備をしていないわけではないだろう。

しかし、気になるのは本田の今後の動向だ。

abu-dhabi-camel-farm_400.jpg

果たして本田はVVVに残るのだろうか?



まだ移籍期限は今月一杯まであるわけで、PSVアイントホーフェンとの交渉に入っているのは確実だ。

そして本田自身はもともとシーズン開幕と同時に「VVV残留」をサポーターに宣言している。

有限実行な男だけに、そうコロコロ考えを変えるタイプだとは思えないが・・・。

それでもPSVであれば「オランダのビッグクラブでプレーしたい」とする本田の意向とは見事に一致するわけで、移籍相手としてはまさに願ってもない状況と言えるだろう。

しかし、本田はこのフローニンゲン戦後、このように語っている。

vvv+venlo+supporter_425.jpg

「周りがみんな騒いでいますけど、僕自身、VVVの選手だというのを伝えたかった。

僕はVVVでプレーしているんだというのを示せたと思う。

あの瞬間、サポーターと気持ちがつながれたというふうに思ってます」




この発言・・・。

もはや決定的だろう。

移籍はないよな、この発言内容からすると。

FFX2+tida2_420.jpg

そうだ、これはまさに本田圭佑がVVV残留を心から決意した、サポーターへの堂々たる最終決断メッセージ!



少なくとも、よほどのことがない限りはこの決断は変わるまい。

僕はうれしい。

本田が降格候補だった明らかに戦力の劣るVVVに残留してくれて。

なぜなら今のへんてこなヨーロッパサッカー界にはほとほと呆れているからだ。

プレミアリーグにしてもリーガ・エスパニョーラにしてもセリエAにしても、一部のビッグクラブ3?4チームだけに超ワールドクラスとされる高年俸選手がハイエナのように“銀河系軍団”を形成し、毎年その3?4チームだけで優勝を争うという、サプライズもなにもないヨーロッパリーグ・・・。

Cristiano_Ronaldo_real madrid

そんな“銀河系軍団”に逆らうかのように、理由はどうあれ、誰もが認める弱小クラブ、VVVフェンロで立ち向かおうというのだから!



もっともオランダの場合はそこまで“銀河系軍団”というチームは無いようだし、本田自身も移籍したくても13億円以上、あるいは27億円以上(?)とも噂される移籍金額がネックとなり、本人の願いかなわずビッグクラブに移籍できなかったというのが本音なんだろうが・・・。

まあ、ものごとには自然なタイミングというのがある。

asitano jo 420

ファン・ダイク監督が“本田システム”なるものをこしらえてくれている中で、こんな中途半端なタイミングで本田がいなくなったら、もうチームはガタガタだしVVVの降格は間違いないだろう!



それでなくともリーグワースト2の失点数なんだから・・・。

だが、オフ中はあれだけ高々と“ビッグクラブ移籍宣言”をしていた本田が、エールディヴィジ開幕以降はしっかり気持ちを切り替えているという、この上ない“潔さ”!

そしてこの日のフローニンゲン戦でサポーターに向かって「最終残留宣言」ともとれるガッツポーズを高々と掲げたように、まさに一見、徹底して我を貫き通す自己中心的な人間に見えながらも、それは結果的にサポーターのための行動になっているという、ナチュラルにサポーターのためにプレーできる“スター性”!

cloud sky blue 425

なんとも分かりやすく気持ちのいい性格じゃないか、本田よ!



一部の日本人サポーターはあまりにも目立ちすぎている本田の大活躍に反発すら抱いているようだが、僕はそんな反発を浴びている本田も嫌いではない。

ここ日本では少々叩かれるくらいのほうが世界的には成功者とすら言えるだろうからだ。

そして最終的にはそんな“ただひたすらアンチ本田圭佑”となっているサッカーファンが“完敗宣言”をすることになるのも、もう決して遠い日ではないだろう。

TIDA_420.jpg

こんなに気持ちがいいことはないぜ、最初から最後まで本田圭佑サポーターとして!



そう、本田圭佑はまさに日本サッカー界の“革命児”だ。

これまで長きにわたって自民党を支持していた人が、明日から急に民主党や社民党を支持するなんてことは、非常に勇気がいることだろう。

それと同じ。

shunnsuke nakamura

中村俊輔という“協調的・守備的パサー”を長きにわたって支持してきた日本代表サポーターにとっては、本田圭佑のような“我を貫く王様スタイル”は到底受け入れられるものではあるまい!



それはもうプレーだけではなく、人間的にもそうなんだろう・・・。

だが、僕のように“王様”を待ち望んでいたサポーターにとってはその評価がそっくり180度異なる。

もう本田圭佑がただものではないことは、すでに内容・結果ともに証明されたといってもいいだろう。

いや、それどころか、正確に言えばこれはまだまだ現在進行形で、さらにスゴ味を増していく可能性も十分あるのだ。

honda1.jpg

なぜなら本田圭佑はまだ23才だし、ワールドカップに参戦したことがないことはおろか、日本代表の親善試合でさえ数えるほどしかプレーしたことがないほど“経験不足の選手”なんだから!



そういう意味で、おそらくは日本サッカー界においても、そして世界サッカー界においても歴史的スター選手の仲間入りをする可能性を十分秘めた本田圭佑が今後経験を積むことでどこまで成長していくのか!

それをサポーターとして応援、期待したいところだ。

rainbow shower

「VVVは良くも悪くも勢いこそが最大の武器!」



このように本田自身が評価するように、VVVにとっては「勢い」にのれるかどうかがここからの勝負になりそうだ。

そしておそらくは本田がこの試合をもってして“完全なるVVV残留宣言”をしたと推測すれば、これにより言葉には出さずともチーム内部にあったであろう「キャプテン本田への不況和音」も完全に消えたはずで、次の試合からは格別の結束力で挑める可能性がある。

surfing+south+africa_425.jpg

そして「勢い」にのったVVVがここからどれほどの“大躍進サプライズ”を見せてくれるのか!


それを今後も期待することにしよう。

そして勢いにのったVVVにとどまらず、9月5日のオランダ代表戦でのさらなるサプライズも楽しみにしてるぞ、本田よ!







<サッカー関連広告>

★サッカー見るならスカパーで! → こちらにどうぞ。



【サッカーショップ加茂】日本代表 DATOU Tシャツ

好きな選手と同じユニフォームをオーダーしよう!


【サッカーショップ加茂】日本代表 ホーム オーセンティック KIRIN CUP 30TH

【サッカーショップ加茂】 日本代表ユニフォーム マーキング

日本代表を応援しよう! ユニフォームはサッカーショップ加茂で!

日本代表グッズ


【サッカーショップ加茂】日本代表応援 Special Price!!

【サッカーショップ加茂】 日本代表特集!


【サッカーショップ加茂】ボール


【サッカーショップ加茂】プレイヤーアクセサリー


【サッカーショップ加茂】Finale Roma UCL決勝使用球

【サッカーショップ加茂】 海外クラブチーム ユニフォーム・ファングッズ

海外クラブチーム


【サッカーショップ加茂】テラパス&コパンヤ


サッカーショップ加茂 エナメルバッグ




日本代表 ボールバッグ 3個入れ用




日本代表 ボールバッグ 2個入れ用




日本代表 マフラー ストラップ ユニフォーム


スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

エールディヴィジ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<VVVの本田圭佑がNEC戦でアシスト! | ホーム | ユトレヒト戦も本田圭佑のゴール!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。